頑張れチェアスキー チェアスキーヤーたちからの熱きメッセージ

プロフィール
Taiki選手の画像

森井 大輝(もりい たいき)

チェアスキーヤー

1980年生まれ。
東京都出身・東京都在住
所属:トヨタ自動車株式会社
2006トリノパラリンピック男子大回転座位 銀メダル
07/08・08/09 2年連続ワールドカップGSシーズンチャンピオン
2010バンクーバーパラリンピック男子滑降座位 銀メダル・男子スーパー大回転座位 銅メダル
10/11ヨーロッパカップGS1位
10/11世界選手権GS1位
11/12ワールドカップシーズン総合チャンピオン
12/13世界選手権SG1位・SC1位・GS1位
12/13ワールドカップシーズン総合2位
2014ソチパラリンピック男子スーパー大回転座位 銀メダル
15/16ワールドカップシーズン総合チャンピオン・SLシーズンチャンピオン・GSシーズンチャンピオン
など

使用車いす

チェアスキー:ニッシントリノモデル
日常用:エボリューションAS-2

Akira選手の画像

狩野 亮(かのう あきら)

チェアスキーヤー

1986年生まれ。
北海道出身・長野県在住
所属:株式会社マルハン
07/08ヨーロッパカップGS1位
2010バンクーバーパラリンピック男子スーパー大回転座位 金メダル・男子滑降座位 銅メダル
10/11世界選手権DH1位
12/13世界選手権SG3位
2014ソチパラリンピック男子滑降座位 金メダル・男子スーパー大回転座位 金メダル
14/15ワールドカップ高速系種目シーズンチャンピオン

など

使用車いす

チェアスキー:ニッシントリノモデル
日常用:エボリューションAS-2

Takeshi選手の画像

鈴木 猛史(すずき たけし)

チェアスキーヤー

1988年生まれ。
福島県出身・埼玉県在住
所属:KYB株式会社
08/09世界選手権GS1位
2010バンクーバーパラリンピック男子大回転座位 銅メダル
10/11世界選手権SC1位・SL1位
11/12ワールドカップシーズン総合2位
12/13世界選手権SC2位・GS2位
12/13ワールドカップシーズン総合チャンピオン
2014ソチパラリンピック男子回転座位 金メダル・男子滑降座位 銅メダル
14/15ワールドカップシーズン総合チャンピオン・SLシーズンチャンピオン

など

使用車いす

チェアスキー:ニッシントリノモデル
日常用:エボリューションAS-2

2015-16ワールドカップの報告です 2016年3月29日
みなさん、ご無沙汰しております。
鈴木猛史です。

昨年のワールドカップ以降まったくメッセージを更新しておらず申し訳ありませんでした。
さて、1年もサボっていますと、色々とご報告できていないことばかりですが、全てここに書くことはできないので、今回は今シーズン(2015-2016)のワールドカップの報告をしたいと思います。


2015‐2016ワールドカップは、クラニスカゴラ(スロべニア)、タルヴィシオ(イタリア)、サンモリッツ(スイス)、ティーニュ(フランス)、アスペン(アメリカ)の5ヵ国で行われました。

当初開幕戦はオーストリアでの開催が予定されていましたが、雪不足のため健常者のワールドカップが開催されているクラニスカゴラ(スロベニア)というスキー場へ会場が変わりました。それ以外では会場の変更等はなく、予定通りにレースが行われました。例年は悪天候でいくつかのレースがキャンセルされたりするのですが、今シーズンは温暖化のせいか、最後まで安定した天候が続きました。



肝心な成績の方ですが、森井選手・狩野選手・私(鈴木猛史)の3人ともが表彰台へ上がることがでました。
その中でも超絶好調だったのが森井選手です。
森井選手は、今シーズン年間総合優勝(2度目)、そして年間種目別ランキングでは回転、大回転と2つの種目で優勝し3つのクリスタルトロフィーを獲得する絶好調ぶりだったのです。

後輩である狩野選手と私の2人は、それを見て来年こそはと思ったのは内緒です(笑)。

と、こんな感じで今シーズンもジャパンが年間総合のクリスタルトロフィーを獲得したわけですが、来シーズンはどうなるのか正直わかりません。

海外の選手も年々強くなってきています。

特に高速系では海外選手の勢いに苦しむレースが続いており、高速系マスターの狩野選手も厳しそうに見えました。

ですが、このまま進化しないで終わる私たち3人ではありません
ピョンチャン大会まで残り2年を切りましたが、残りの期間で3人で力を合わせて、ピョンチャンの表彰台を独占できるよう頑張りたいと思います。

今後もご声援の程よろしくお願いいたします。
(メッセージの更新も頑張ります!)




ノルアムカップと世界選手権の結果 2015年4月4日
こんにちは、鈴木猛史です。

2月と3月に行われたノルアムカップ(North American Cup)と世界選手権の結果を報告します。

2月、カナダ・キンバリーで開催されたノルアムカップででは、DH(滑降)×2戦、SC(スーパーコンビ)の2戦が行われ
DHで森井選手が1位、2位
SCでは森井選手が1位、狩野選手2位
と表彰台にあがりました。
また、SCではSG(スーパー大回転)も表彰の対象になり
ここでは、狩野選手1位、森井選手2位、夏目選手3位と日本選手で表彰台を独占しました。(写真)
※SCはスーパー大回転とSL(回転)の合計タイムで競います。
私(鈴木)は、、苦手とする高速系種目が多かったため、表彰台に上がることができず悔しいレースとなりましたが、色々と経験を積めたと思います。
この経験を今後活かして先輩達と表彰台にあがれるよう頑張りたいと思います。

続く3月の世界選手権(カナダ・パノラマで開催)では、森井選手がDHで3位、GS(大回転)で3位、SLで2位。私(鈴木猛史)はSLで優勝。
(写真:SLの表彰式)
成績を見ると結果を残しているように思えますが、コースのバーンコンディションがアイス(氷)だったこともあ、本来の力を発揮することができずに終わった大会でもありました。
また、各国の選手たちが強くなっています。
この世界選手権で特に好調だったのがニュージーランドの PETERS Corey選手で、NISSINのチェアスキーを使いこなしDHとSCで2勝!GSでも2位と急成長しています。
日本チームにとって、3年後のピョンチャンでのメダル獲得は、今まで以上に難しくなってくると思いますが、私たちは、世界各国のライバル達以上に、3人で力を合わせて頑張りたいと思います。
今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。

スイス・サンモリッツでのワールドカップ 2015年2月9日
こんにちは。鈴木猛史です。

2月2日〜2月5日にサンモリッツ(スイス)でおこなわれましたワールドカップファイナルが終了いたしましたので、結果をご報告いたします。
また、今回はファイナルということで、年間の総合及び種目別のタイトルの表彰もありました。

2月2日 GS1戦目
【男子シッティング】
森井大輝 7位
狩野 亮 DNF(一本目)
鈴木猛史 10位
【女子シッティング】
村岡桃佳 4位

2月3日 GS2戦目
【男子シッティング】
森井大輝 8位
狩野 亮 DNF(一本目)
鈴木猛史 5位
【女子シッティング】
村岡桃佳 DNF(二本目)

2月4日 SL1戦目
【男子シッティング】
森井大輝 6位
狩野 亮 DNF(一本目)
鈴木猛史 7位
【女子シッティング】
村岡桃佳 5位

2月5日 SL2戦目
【男子シッティング】
森井大輝 9位
狩野 亮 DNF(一本目)
鈴木猛史 3位
【女子シッティング】
村岡桃佳 4位


種目別シーズン総合
狩野 亮 DH/SG(スピードイベント)優勝
鈴木猛史 SL 優勝

【写真】種目別総合 DH/SG(スピードイベント)シーズン表彰


全種目シーズン総合
鈴木猛史 優勝

【写真】全種目総合シーズン表彰


今回サンモリッツで行われたレースですが、総合、種目別のタイトル獲得を別とすると、正直苦戦したレースだったと思います。
GS(大回転)については練習不足もありますので、本来の力を十分に発揮できませんでした。
次のレースは3月にカナダで行われるヨーロッパカップ及び世界選手権になりますので、良い結果をご報告できるよう残りの期間の練習を頑張りたいと思います!


また、今シーズンのワールドカップではNISSINのチェアスキーを使用のロマン選手(オーストリア)が、全種目シーズン総合3位と種目別(スピードイベント)シーズン総合で3位を獲得しました。GS(大回転)のレースでもNISSINチェアスキー使用選手の活躍が目立ち、長くNISSINチェアスキーと一緒に競技に挑んできた僕たちにとって、ちょっとうれしい出来事です。



フランス・ティーニュでのワールドカップ 2015年2月3日
こんにちは、鈴木猛史です。
遅くなってしまいましたが、1月末にフランスのティーニュで行われたワールドカップの結果を報告させていただきます。

1月28日 種目:DH(1戦目)
【男子シッティング】
森井 大輝 8位
狩野  亮 1位
鈴木 猛史 9位

1月28日 種目:DH(2戦目)
【男子シッティング】
森井 大輝 DNF
狩野  亮 2位
鈴木 猛史 6位

1月29日 種目:SG(1戦・2戦)
天候不良の為レースキャンセル

フランスのティーニには1月24日に入りました。
1月26日〜30日までDH・SGのレースが行われる予定だったのですが、26日のDH公式トレーニング以降の天候が安定せず、27日の公式トレーニングはキャンセルになり、28日にDH×2戦が行われることになりました。
トレーニングランを一本滑走しただけの、コースをあまり把握できない状態でのレースとなりましたが、高速系種目を得意としている狩野先輩が見事に1戦目1位、2戦目2位と表彰台にあがることができました。
その後に予定されいたSGは、さらに天候が悪くなったため2戦ともキャンセルになりました。

次のレースは、スイスのサンモリッツで行われるワールドカップになります。
今シーズン最終戦になります!!サンモリッツではGS(大回転)×2戦、SL(回転)×2戦が行われます。
大回転を得意としている森井先輩がここで本来の力を見せつけてくれると思いますが、後輩の2人も負けずに頑張りたいと思います!

オーストリア・マトライでのヨーロッパカップ 2015年1月20日
こんにちは、鈴木猛史です。

現在私達はオーストリアのマトライというところにおります。
1月16日から1月19日の3日間行われましたヨーロッパカップへ出場いたしました。
その試合結果を報告します。

1月16日ECカップ(マトライ)SC(SG)
【男子シッティング】
森井 大輝 1位(1位)
狩野 亮 ※DNF ※途中棄権
鈴木 猛史 7位(9位)

1月17日ECカップ(マトライ)SL
【男子シッティング】
森井 大輝 3位
狩野  亮 7位
鈴木 猛史 ※DNF ※途中棄権

1月18日ECカップ(マトライ)GS
【男子シッティング】
森井 大輝 3位
狩野  亮 6位
鈴木 猛史 9位

今回のレースも、前回のワールドカップに引き続き、日本チームのメンバーが連日表彰台へ上がることができました。

今大会のコースは、とても面白い斜面変化をするコースでした。今シーズンは斜面変化のあるコースでの練習の機会がほとんどとれず、また、回転用の以外のスキー板を履くのは久しぶりということもあって、正直きちんと最後まで滑れるかが不安でした。しかしながら、そんな練習不足の中でも、森井先輩はきっちりと成績を残しており、さすがだなと後輩2人(狩野先輩と私)は思いました。
先輩に見習い、安定した滑りが出来るようこれからも頑張りたいと思います。

次のレースは、フランスのティーニというところで行われるワールドカップの予定です。そこでは狩野先輩が得意としている高速系のレースがあります。
DH×2戦・SG×2戦と行われる予定です!
きっと狩野先輩が表彰台にあがってくれものと思います。

次のレースでも良い報告が出来るよう3人力を合わせて頑張ります。


▲ページのトップへ